ドエレーcool!

にこにこ

ちょwwwこいつのニコニコの履歴やべえww

あー、これはやばいなぁ。







「少林寺木人拳」とか「少林寺三十六房」とか、功夫ばっかり orz



今日のイチオシ!
光回線のテレアポのバイトに受かったお!!

       ____
    /      \  
   /  ─    ─\  相手「どうしてうちの番号知ってるの?」
 /    ,(○) (○)、\    
 |       (__人__)    |   えっ…
 \     ` ⌒´   /
           



書いた人の実体験に基づいたスレ
基本的にフィクションですが、半分以上はノンフィクションでお届けしています

しかし、ノルマ無しってのは、どう考えてもウソだ罠・・・(´д`)
営業職みたいなもんだもんねー


ちなみに、「便所飯」とは・・・・


便所飯(べんじょめし)とは、人目を盗んで便所で食事を取ることを目的としたエクストリームスポーツである。なお、便所飯の類似行為に、掃除具などを収納するロッカーで食事を取るロッカー飯、構内の雑木林などの暗がりで食事をする暗がり飯などもある

「ごく普通にトイレに行ったと見せかけて、便所で食事をする」というプレイスタイルが、友人の少ない学生などに熱烈に支持されている。一説には競技人口は数万人にのぼるとされている。しかしながらこの競技の性質上、自身が競技者であることを表明できないため正確な競技人口は不明である。また女性の方が多いという噂もあるが検証すると逮捕されるので不明になっている。

「競技中、頭の中は引退のことで一杯だが、次の日にはまた競技に出てしまう」という選手の声からは、この競技の過酷さ、そして中毒性がダイレクトに伝わってくる。一見地味なこのスポーツがエクストリームスポーツに分類されるゆえんである。
便所の個室に入ることをブースイン、出ることをブースアウトという。自分専用の個室、すなわちマイブースを持っているのが望ましい。マイブースでの食事はスコアに加算される。マイブースを持っていない人は初心者とみなされるためである。

また、上級者になれば便所のタンクの水で飯を炊く。そうすると、その場でほかほかご飯を食べることができる。これはスコアにも大きく影響される。炊き込み御飯などの混ぜ御飯を調理すれば飛躍的にスコアが伸びる。マイブースを持つプレーヤーは大概コンセント付きであるが、あくまで公共のスペースを共有する行為として位置づけるベテランプレーヤーは百ワット以上の電力を消費する炊飯器の使用は邪道とするため、脳内審判員に年配のジャッジが混ざっている場合は却ってマイナスポイントになる場合がある。そのため、固形燃料による飯盒炊爨(はんごうすいさん)が有効な手段となるが、時間がかかるというデメリットがある。火気利用時に火災報知機が作動してしまった場合、火気厳禁と明記されいている場所での火気の使用は即失格となるので注意が必要だ。新鋭のトッププレーヤー達はこの現状に対処するために素早く湯を沸かしてレトルトご飯を湯煎するという方法を取る場合が多い。これはサトーゴハン2分法という通称がついているが、レトルト容器がゴミとなるためにマイナスポイントになるのではないかと言う議論が巻き起こっている。

初心者には、茶などの飲み物を用意する場合があるが、これはスコアから減点される恐れがある。便所は本来水のある場所であり、目の前にある水から水分を補給することが可能だからである。上級者になればその水を利用して、あらいぐまのように食材を洗うことが可能である。

もしブースが満席の場合は、相席になることもある。これを特に相ブースといい、時に二人の間に友情が生まれることがしばしばあることからこれを文字って愛ブースなどとも言う。

食事をした直後にうんこと尿を出すことができるので非常に便利である。玄人には、食事と排便を同時進行でする者もいる。これは比較的高得点をねらいやすい。そのほか、便所の臭いを食事のスパイスとして楽しむ者も少数派ながら存在する。また、口が汚れたときはトイレットペーパーで拭き取ることも可能である。さらに試験が近い学生は勉強と食事と排便が同時に行えるので効率がよく学会では注目されている。しかし、初心者は汚物に触れてしまう恐れから、排便が終わっても摂食を終了してから尻を拭くという順番を取ってしまうため、拭き取り時に肛門が乾燥し、肛門の周囲で水分を失い結晶化した便を拭き取ろうとした際に肛門を擦ってしまい、大怪我を負ってしまうことがある。便所飯黎明期には出血多量によって死に至った例が多数あるらしいが、当局はスポーツ普及のためにその死者を近年まで隠匿していた。便所飯というスポーツ自体不潔さとの戦いでもあることを忘れてはならない。排便が終了したらそのリスクを恐れずに急いで拭く事が肝要である。

ブース外に人の気配を察知したときは、直ちに自分の気配を消さなければならない。外に感づかれないようにするために呼吸をしてはいけない。ただし、長すぎる呼吸停止は死を招く。万一死亡した場合は、スコアは0になるが、ぎりぎりの状態であればあるほど高得点を狙える。また、これを利用した殺人事件も起きているので注意が必要である。現在では、既に扉が閉じている状態なのでブースインは既に発覚しているので、いかに排便行為の音を小さくするかに審査基準を変更すべきとの動議が出ており、近く審査基準が変更される可能性がある。

呼吸停止ルールは日本で生まれたこのスポーツのルールブックを海外向けに英訳した際に「息をひそめなくてはならない」を「息を止めなくてはならない」と誤訳されたことからこのルールが生まれたとした説が有力である。

海外のトッププレーヤー達は高得点を狙うために外に人がいる際に敢えてトイレットペーパーを利用する。更なる高得点を狙うため、近年日本で普及してきた再生ペット製、プラスチック製のペーパーホルダーの小さな音ではなく、カン高い音を立てるSUS630ステンレス製の旧型をマイブースに導入するプレーヤーも増えている。


スコアリング

便所飯には「競技者は、現在競技中であることを誰からも見られてはいけない」という鉄のおきてがあるため、審判などを置くことができない。そのため、競技の採点は各選手自身が行なう必要がある。

誰からも知られることなく競技を実施し、誰からも知られることなく自らを採点する。まさに自分自身との戦い。これぞまさに紳士淑女のスポーツである。


以上wikiより。

c0039195_71285.jpg

[PR]

by doere-cool | 2007-09-04 07:12 | ドエレーNOTE
<< 今日も手抜き タクティクスオグレ >>