ドエレーcool!

うむ、やはり管釣りも良いね

はてさて、万年ボウズの男「ししょー」を連れて、行って来ました10pound。

この男、タックルに何万円も掛けているのだが、実は未だに何も釣れていない。


c0039195_23131821.jpg

と、言いくるめて無理矢理連れてきました(・ω・)



朝5時に合流して、現地に着いたのは開場前の5:40ごろ。
一服してタックル準備、そして入場。

そういえば「ドエレーCool!と叫んでください」とコメントされていたが、
生憎、そんな豪胆な性格は持ち合わせていないので。

「サーセンwwwブログでコメント頂いたので写真貰いにきました」と無難に伝える。

だって、もし受付の人が何も聞かされていなかったら目も当てられない結果になるんですもの。

帰ってきた答えは「うーん、本人の確証が無いとなぁ・・」



叫べってことか(;´Д`)

「じゃあ、帰りの時間までにCD-Rに焼いておくよ」との事。

てっきり生写真かと思っていたのだが。

でも普通に考えて、今時、プロのカメラマンでもない限りデジカメですよね(・ω・)
そういえば、昔はスーパーやコンビニでもフィルムを置いてたりしたものだ
今は専門店でも行かない限り、見なくなってしまいましたね。

携帯電話に高機能なカメラが付いてる時代ですからね

フィルムは熱に弱いし、ゴミが出るし、かさばるし、現像しないと見れない。
ライトユーザーから見ればフィルムを使う利点は無いんだよね。
そりゃあデジカメが席巻するよなぁ・・・時代の流れはおっそろしいなぁ。

まぁ、釣具屋のオッサンの写真を大事に持ってる男ってのも世間様から見てアレなんだが(´д`)

さて、二人とも6時間券を購入してポンドへ


「管理釣り場で朝イチから来て、一匹も釣れないなんて、絶対ないから安心しろって」

「マ・・マジすか」


しゃべりながら10回程キャスト。

と、まずはこちらにヒット!

c0039195_1284930.jpg

はい釣れた。 正確に測っていないけど大体50cmくらいかな。
ヒットルアーはゲータースプーンのカラシカラー。


この後も連続で数匹釣れた。 日曜だっていうのにやたら釣れる。
土曜日にいじめられたら、次の日は渋りそうなんだが・・・ 

しっかりと定期的に放流している証拠なんでしょうね

日が昇って、渋りだした辺りで絶大な信頼を置く「クリックホッパー」にチェンジ。

ライズした場所にキャストすればかなりの確率で釣れる。
(この時、キャストして5秒間は絶対に放置する事!)

シングルフックに付け替えてるので、乗りは悪いが4匹程釣れた。


途中、ルアーチェンジをしようと思い、地べたに置きっぱなしのルアーケースを見ると、
何か細長い物が入っていた。

(・ω・)「あれ?俺、ワームなんて持ってないよ・・?」

と言ったのも束の間、「それ」がモゾモゾと動き出した!

・・・こ、これ毛虫だ!!(;゚Д゚)

地面をよく見るとあちらこちらに毛虫がいる

どうやら自分の立っているポイントのすぐそばに一本の樹があり、
そこの樹から沸いているようだ。

しかし、他の樹からは一匹も沸いていない
蛾が卵を産みつける樹って決まっていますからね。

この毛虫が刺す毛虫なのかは知らないが、小さな子供が居る家族も来場している事だし、
もし刺されでもしたら大変なので、駆除して貰いたいところだ。
樹を食い荒らす害虫だしね。

コイツら、樹の上から蜘蛛みたいに糸で「ツツ-」と降りてくる。
毛虫が衣服に付着して、パニックになった人も居た。




11時になり、食いがピタッと止まった。
そういえば、入場の時にワンドリンクサービスの印を押して貰ったのだった。
小腹も空いてきたので二人で管理棟へ。
c0039195_210195.jpg

ししょーが注文したのはコレ、10poundバーガー。
とにかく具がデカい!バンズはライ麦入りなのかな。

自分は生野菜が苦手なのだが、見るからに「うまそ感」が伝わってくる。

(・ω・)「どう?モスよりうまい?」
(・∀・)「ぜんぜん美味いっすね、バンズからして全く別モノ」

・・・・らしい。

c0039195_2101480.jpg

こちらが私が注文したフィッシュアンドチップス。
魚はここのニジマスを使用している。 脂が乗っていて実に美味い。


c0039195_2501232.jpg


食べ終わって話していると、オーナーが紙袋を持って来た

(・∀・)「これ、例のCD-Rとスプーンワレット、差し上げます」

(・ω・)「え、ワレット?いいんですか?」

(・∀・)「どうぞどうぞ」

しばしの間、三人で釣りトーク。     
(釣りをしない人には、何を喋っているか判らないと思う内容なので割愛)

(・ω・)「有難うございました、大事に使わせてもらいます~」
(・∀・)「では、ごゆっくり」



どんなワレットをくれたのかと思い、紙袋を開けてみる。

c0039195_3285613.jpg

なんとジムの直筆サイン入りドリームマスター!


(゚Д゚)「すげぇ!・・・でも勿体無くて使えないッスね」
(;´Д`)「う、うーむ・・確かに」

何故かCD-Rにも凝ったプリントが。



そして時間は過ぎ、タイムアップ。






c0039195_0232972.jpg

帰り際にエサ釣りポンドを見ると、小さな子供を連れた家族で賑わっている。
子供はおおはしゃぎだ。

私も小さな子供の頃、一度親父に連れられて
釣ったニジマスをその場で塩焼きにしてもらって食べた記憶がある。
20年以上経った今でも鮮明に覚えている。楽しかったなぁ。


ふむ・・・たまにはエサ釣りでもしてみるか。


さて、釣ろうというところでオーナーが来て「これで釣ると楽しいよ」と、
小さな竿を手渡してくれた。

それはミニチュアのフライロッド!

そろそろフライフィッシングも始めようと思っていた矢先の事だった。

やってみるか!人生初のフライフィッシングを!


ヒュン  ヒュン

(;・ω・) こ、こんな感じだったかな・・

ヒュン ヒュン

(;・ω・) 振るだけなら、想像していたより難しくはないかも・・

ヒュン ヒュン

( ^ω^) やっべww俺うめぇwww岩井渓一郎越えたwww

ヒュン ヒュン  ガッ!

( Д) ゚゚痛ってぇええ!自分に刺さった!
(;´Д`) ったく、すぐ調子に乗るから・・



c0039195_2332736.jpg

初めてのフライで苦戦しながらも、なんとかゲット!
本当は「スチールヘッド釣れたww」とか書こうと思ったのですが、
芝生の大きさが対比対象になってしまったのでバレちゃいますね。


小さな子供が増えてきたようなので、ここでフライは中止。
危ないしね。もし眼にでも刺さったら大変だ。

あと二匹をエサで釣って、氷詰めにしてビニールに入れてもらう。
家に帰ったら燻製にしよう・・



帰りにオーナーに挨拶。

(・ω・)「今日は色々とどうもでしたー」

(・∀・)「いやぁ、ブログ面白いよ」

(;´Д`)「そ、そうですか?」

(・∀・)「うん、真面目なブログばかりの中、一際異彩を放ってるよねぇ。
         そうそう、あの豆腐食べたよ。 ホントに美味しかったわ」

(・ω・)「あれ美味しいですよねぇ、男前豆腐」

と、始まり、フライの話を色々と聞けた。

オーナーはフライしかやらないそうだ。

確かにフライは面白い。
あそこまで面白い物だとは思わなかった。

確かに一生付き合える趣味に成り得る

「道具遊び」の面を多分に感じる。
以前に支笏湖のフライマンが言っていた事を思い出した


「別にフライのリールなんか、何だっていいんですよ
   性能差なんて、あって無いようなモノだし・・・
      でも、どうしてもイイのが欲しくなっちゃうんですよね・・・」


この言葉の意味が判った気がする。

車に例えて言うなら「ホイール」に近いかもしれない。
サイズさえ合えばなんでもいい、でもカッコイイのが欲しい、っていう。

やっぱり妥協しないで、本当に欲しいロッドとリールを揃えるべきなのかなぁ('A`)-3



オーナーにお礼を言って、帰路へ。 

車内にて

「いやー、面白かった!やっぱ魚が居るの解ってるとやる気出ますね」

「札幌からすぐだしね・・その代わり、
日曜祝日は結構混むから、ガチで釣るなら平日がいいんじゃないかな」

「再来週にでも、また管釣り行きましょう」

再来週かー・・・

その時までにフライロッド買っちゃうかなぁ・・・

でも高いし・・・うーん。










c0039195_1251750.jpg

c0039195_1252982.jpg

c0039195_1254174.jpg

c0039195_1275836.jpg

c0039195_128773.jpg

c0039195_1291031.jpg

[PR]

by doere-cool | 2007-07-13 01:33 | フィッショーネ!
<< にじくん オピネル >>