ドエレーcool!

闘劇'07

先日、私の元に一通のメールが届いた



「闘劇のストⅡ部門に出場しねーか?」






c0039195_1951143.jpg






闘劇Super Battle Operaとは・・・・

c0039195_2121936.jpg

年一度行われる最大規模にして、世界最高水準の格闘ゲーム大会。
複数のゲームタイトルを同時開催させることが大会の大きな特長となっており、
近年は海外からの予選開催も増え、各国の強豪も世界最強の座を狙う。
日本VS海外の「国家の威信を背負った戦い」は世界から注目される。
言わば、格闘ゲームのワールドカップとも呼べる代物である。

その起源は古く中国唐代に発し、中央アジア、ヒマラヤ山脈の前人未到の山奥深くに
中国、チベット、モンゴル、インドその他アジア全域から選りすぐられた者たちだけが集められる
史上最高峰の武闘大会が催されたという。
しかし、凄惨さ、苛烈さに脅威を感じた時の皇帝・玄武帝によって
一時は大会自体が闇に葬られることになった。
闘劇とは、現代に蘇った この武闘大会の事である
c0039195_2122117.jpg


当然ながらエリア予選の段階でも、応募してくるのは一騎当千の猛者ばかりである。
その激しいエリア予選を勝ち抜いた、選ばれし者だけが
8月に行われる東京会場での決勝大会にコマを進める事ができる。
この闘劇で優勝する事は全ての武闘家の悲願であるのは言うまでも無い


c0039195_21231114.jpg


民明書房刊「中国拳法大武鑑」より




そして北海道エリア予選大会当日。



今回のハイパーストⅡの形式は2on2のタッグ戦。
店舗で参加登録する際にはチーム名とそれぞれのリングネームを書かなければならない。

(´・ω・`)「チーム名どーしよ?」
( ゚Д゚)「ヒラギシーズは?」
(´・ω・`)「いや、マッスルブラザーズは?」
( ゚Д゚)「BI砲は?」
(´・ω・`)「ヘル・ミッショネルズは?」
( ゚Д゚)「それなら2000万パワーズで・・」

協議の結果、「カプンコ」に決定。
特に意味は無い。

ちなみに私のリングネームは「やる夫」で、相方は「平ザン」



今回は北海道エリア大会ということで、札幌以外からも出場者が多い。
果ては関西方面からも遠征組がいるくらいだった。

続々と試合が進んでいく

やはり全員レベルが高いのが見てとれる

勝敗に結びつくのはほんの切っ掛け、そしてキャラ依存という感じだ。



そして遂に我々の出番が来た。

ちなみに俺はノミの心臓で、緊張にひっじょ~~~に弱い。
願わくば、あまり注目されないで、恥をかかない程度にさっさと負けたいものだ・・



先鋒は自分が闘う。


多分イケる・・!

40人以上に観戦されていると言っても、長丁場の大会でみんな飽きが来ているッ・・・!
みんな真剣には観戦していない雰囲気ッ・・!
これなら俺も固くならずに、ある程度リラックスして闘える!
負けても無様な試合を晒す事もないだろう!!!!

と、着席するなり



実況
「さあ、今大会のダークホースのチームが登場!!
カプンコのお二人です!
やる夫さん!そして平ザンさんは以前の大会でも
場内を沸かせたお二人です!
これは皆さん要注目!!期待の一戦です!!」












c0039195_22265476.jpg




ごるあああああああ!!

なして覚えてるだぁー!ここの店舗大会2回しか来てないぞ!
しかもリングネーム変えてるのに・・


「使用キャラは何ですか?」
「あ、じゃ、じゃあNリュウで・・」

「Nリュウ!? Dリュウじゃなくて?」


ざわ・・・
   ざわ・・・




だからなんでみんなNリュウでザワつくんだ・・(前回もNリュウでざわついた)

(対戦ダイヤグラム低いらしいです。少なくとも強キャラでは無いらしい・・)


珍しいキャラを使う+実況で変に注目が集まってしまった
もちろん、私は緊張をぶり返して




c0039195_2236183.jpg

こんなんなっちゃった


対戦相手はDベガ使いの人。


ROUND1

緊張してあんまり覚えてません。
ただ、しゃがみ弱K連打が何度か入った記憶があります。
相手も緊張しているらしく、ミスが多く見受けられた。
・・・こっちはそれ以上にミスしてたけど('A`)-3
ライフあとわずかまで追い詰めるもぅぅぅううわぁぁああ

ROUND2

開始後、間もなくニープレスで固められてました。
こちらの昇龍拳を警戒してあからさまなラッシュはしてこない。
いつの間にか、かなり削られて焦って攻めるも、うぅぅうううわぁぁぁああああ




死亡確認


あ、後は頼んだ・・・(;´Д`)



相方の使用キャラはXザンギエフ。対戦相手はNザンギエフ

スクリューの掛け合い、読み合いで1-1までもつれ込む。

そしてROUND3

同じように飛び込みの読み合いするも、流石にNザンギはスクリューの威力が段違い。
同じ確率で掛けたとしてもダメージで分が悪い。

最後は飛び込んだ所を吸い込まれ、死亡確認。はい一回戦敗退。

対戦チームの方々はこの後、3位まで昇りました。おめでとさま~(´∀`)


そして優勝はXバイソンとXバルログのチーム。
バイソンの読みと超反応はハンパなかったZE・・・・

おめでとうございます。北海道代表として頑張ってきてください。ヽ(´∀`)ノ




総評:あーあ、またヤムチャだぜ
リングネームをスペシャルマンとカナディアンマンにするべきだったか・・・

闘劇07公式HP

会場となった、GAME41さんのHP
[PR]

by doere-cool | 2007-05-01 23:01 | ドエレーGAME
<< 深夜どらま やっとこニコニコが >>