ドエレーcool!

ACE COMBAT ZEROの新システム判明

まだまだ発売日も価格も未定ですが(´・ω・`)

ちょっと気になる3つの新システムが判明しました

1、 エーススタイルゲージシステム


2、 証言VTRムービー


3、 アサルトレコード


の3つが判明。

まず、エーススタイルゲージシステムとは
「エースの生き様」と「プレイへの反応と変化」を実現する新システムの事。


つまり、プレイヤーの行動如何によって、3つのスタイルに区分されるというわけ。


Mercenary Ace (マーセナリー・エース)
力と金に生きるエース。敵を殲滅する強き力、報酬こそを重要とする。

これが最も傭兵臭いんじゃないでしょうか。
でもゲーム本編で一番敵を作りやすそう(狙われそう)な感じがしますが・・


Soldier Ace(ソルジャー・エース)
戦場を生き抜く戦局眼を持つエース。ルールに縛られぬ臨機応変さこそを重要とする

生き残る事を最重視すると、このタイプになるようです
特に目的意識を持たないでプレイするとこれになりそうですな(・ω・)


Knight Ace(ナイト・エース)
プライドに生きるエース。強きを挫き、弱きを助く騎士道こそを重要とする

敵損傷機を見逃してあげたりするとこれになるようです。
撤退ミッションや偵察ミッションで敵部隊が見逃してくれる・・・かも?
でもプライドに生きるエースって、死ぬ奴多くない?(;´Д`) 気のせい?


各ミッションの終了後に、ミッション中にプレイヤーがとった行動が総合判定され、
名声のタイプ(エーススタイル)が変動。
エーススタイルは次のミッションに引き継がれ、様々な要素の「変化」へとつながっていく。


この結果如何でミッション分岐するのは間違いなさそうですね。
もしかしたらエンディングまで変わるのだろうか・・・



そして、証言VTRムービー

プレイヤーの戦場での生き様が、共に空を飛び、戦ったエースパイロット達の視点を通して語られる。そして、プレイヤーの戦場でのエースとしての生き方「エーススタイル」に応じ、「証言VTRムービー」に登場するエースパイロットや、時にはそのコメントも変化する。
c0039195_18242094.jpg
c0039195_18303936.jpg








うおぉ・・かっちょええ・・・(;´Д`)
しっかし、良く考えられてるなぁ。




そして、アサルトレコード

「アサルト・レコード」では、撃墜した敵エースの氏名などのパーソナルデータ、
さらには彼らの「生き様」の片鱗にも触れることができる。
データがストックされる敵エースの種類は、150を超える。
つまりはスパロボのパイロット名鑑みたいなものです。

150機以上って事は、敵全てにパーソナルデータが付いていると考えていいのかな?

AC5で「おやじさん」と呼ばれて慕われた、
伝説のパイロット「凶鳥フッケバイン」は敵として出るのか、あるいは・・
[PR]

by doere-cool | 2005-11-27 19:08 | ドエレーGAME
<< ふわふわのもこもこじゃあ! バキは続くよどこまでも >>